2018年02月15日

還元焼成!

 さて、今まで厳しい寒波に襲われていましたが、ここ2,3日は暖かですね〜
そして何より冬季オリンピック!スピードスケートの小平さん木さん。欲を言えば仕方がないですが小平さん惜しい!
これはスノーボードの平野くんにも言える所ですが、
世界のトップアスリートと互角に戦える時代が来るなんて夢のような話です。

さて還元です!こちらもオリンピックの聖火以上にメラメラ燃えてました!

ニューカマー現る!素焼きの時から非凡なものを感じておりましたが、
聞いてみると作者のsさんは絵を描いていらっしゃるそう
DSC_9901.JPG
皮細工をされている方と入会され、今後が楽しみです!

春らしい!雛祭りには雛あられ、もう一方には金平糖を入れたいですね。
DSC_9909.JPG

お行儀のよい優しいサヤ炭化の作品。炎だぜ〜ワイルドだぜ〜(古い!)。唯の焼き締めではないのです。
DSC_9920.JPG

辰砂がとても綺麗に出ております。それとこのAさんロクロも勿論、釉薬がけがいいのです。
あら、これステキ。誰?と思うとAさんだったことが多々多々。
DSC_9913.JPG

工芸品と芸術品の違いって長年と問われてきていますが、最近、芸術品というのは作者そのものも含めたものではないかと思うのです。作者のお人柄は、おられるだけで空気が和む方。器を見ていてもふわ〜っとほんわかHさんを思ってしまい、なんかそれって芸術じゃない?と思うのですが...あくまでも私見です
DSC_9917.JPG

あばれんぼうKさん!これmoステキ!モダンですねー。
DSC_9923.JPG


ワッフルコーン型花器。これはいろいろ遊べそうですね!白い紫陽花など
お花をアイスクリームに見たてて
DSC_9927.JPG

染付けの魔術師Tさん作。縁からのにじみも効いてます。
DSC_9924.JPG


沖縄の陶芸に大きく影響を受けているOさんのお皿。御本手化粧がきれいに出ました!
Oさんはとても判りやすい方で気に入った仕上がりだとすぐに持ち帰り、そうでないとそのままこのお皿は即、お持ち帰りでしょう
DSC_9933.JPG

誰もが見てすぐわかるIさんのフォルム。うっすらと呉須の線がステキです!
DSC_9904.JPG

カラーリング最高!いろいろ楽しめる枝豆皿はHさんから作り方を教わり、カラーリングはFさんオリジナルです。これ、売れますよ!
DSC_9906.JPG


本当に窯は何度やっても驚きと新鮮!

マイ陶房クラブ
神奈川県相模原市南区鵜野森1-23-7
TEL 042-705-0411
http://www.culture.gr.jp/tougei/index.htm
posted by マイ陶房クラブ at 15:52| 還元焼成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

2月酸化

ここの所異様とも言える寒さ!
ここの所足用カイロが手放せません。

さて今回の酸化です
綺麗な発色です!お皿の中心に釉がかかりきれてない所がありますが、
個人的には南の島の珊瑚礁にポツリと浮かぶ砂島のようで好きです!
DSC_9879.JPG

端正な形と釉の流れの妙。二つの色のバランスも良いですね。
DSC_9892.JPG

夫婦茶碗
ついつい二つ寄せ寄せで撮ってしまいました。
DSC_9891.JPG

ふくろうの貯金箱。そんな目で見つめられちゃ割れません!
DSC_9886.JPG

エイリアンだ!(あくまでも私個人的な感想です)花活けとして使うと
良さそうかも……!
DSC_9882.JPG

Hさん専売特許のガラスを壷の肩に置く手法。
ガラスは融点が低いのでキレイに流れるのですね。
DSC_9880.JPG

益子青磁の薄いブルーがとても利いてます。カフェで使いたいカップですね
DSC_9883.JPG

おなじみYさんの真骨頂。作風も勿論なのですが、
普段召されているファッションや着こなしもとてもセンスがよいのです!
DSC_9885.JPG

現在、世界的にも空前の日本のお茶ブームなんだそうです。
お抹茶を入れて、親しい人のお家で振舞ったり、春になったら野点もいいですねー
DSC_9887.JPG

インフルエンザが猛威を奮ってますがまだ2月に入ったばかり
まだ冬は長し…
皆さんもお体にはお気をつけて下さい。


マイ陶房クラブ
神奈川県相模原市南区鵜野森1-23-7
TEL 042-705-0411
http://www.culture.gr.jp/tougei/index.htm
posted by マイ陶房クラブ at 11:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする