2018年04月04日

4月還元!

季節と同じく駆け足で還元です!
乗り遅れませんように!

濃淡と筆跡が物を言う染付。私は上手く出来ません
淡い部分が素敵です。
DSC_0118.JPG

これは勢いと緻密さのさじ加減… 見事です!
DSC_0116.JPG

つるかめ!縁起がいい!鶴の目がかわいいです。
目、ひとつで印象はガラリと変わるので大事なのです。
DSC_0115.JPG

Aさんのねじり花器シリーズ、イラボいいですね!
DSC_0114.JPG

まずハスイ剤を手ロクロで回して塗ってから釉薬掛けしたのでしょうか?
逆転の発想ですね。
DSC_0122.JPG

辰砂の真ん中を涼しげに流れていく釉薬。
この効果で重くなりがちな辰砂の印象がガラリと変わっています。
DSC_0120.JPG

もう見た瞬間、ケーキなど甘いものを乗せたくなりました。
完全に個人的な印象です
DSC_0117.JPG

片口もおしゃれ。ぐい呑みもおしゃれ。
作者のNさんもスタイル抜群のおしゃれさんです。
DSC_0119.JPG

ロクロの上手い人は次は「いかに上手く崩すか」と、
以前当教室で講師をされていたH先生がおっしゃってました。
私が言うのも何ですが良い崩し方だと思います。
DSC_0121.JPG

以上、今外でサワサワそよいでいる風のごとく
駆け足でご紹介いたしました!

マイ陶房クラブ
神奈川県相模原市南区鵜野森1-23-7
TEL 042-705-0411
http://www.culture.gr.jp/tougei/index.htm
posted by マイ陶房クラブ at 15:12| 還元焼成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

還元焼成!

 さて、今まで厳しい寒波に襲われていましたが、ここ2,3日は暖かですね〜
そして何より冬季オリンピック!スピードスケートの小平さん木さん。欲を言えば仕方がないですが小平さん惜しい!
これはスノーボードの平野くんにも言える所ですが、
世界のトップアスリートと互角に戦える時代が来るなんて夢のような話です。

さて還元です!こちらもオリンピックの聖火以上にメラメラ燃えてました!

ニューカマー現る!素焼きの時から非凡なものを感じておりましたが、
聞いてみると作者のsさんは絵を描いていらっしゃるそう
DSC_9901.JPG
皮細工をされている方と入会され、今後が楽しみです!

春らしい!雛祭りには雛あられ、もう一方には金平糖を入れたいですね。
DSC_9909.JPG

お行儀のよい優しいサヤ炭化の作品。炎だぜ〜ワイルドだぜ〜(古い!)。唯の焼き締めではないのです。
DSC_9920.JPG

辰砂がとても綺麗に出ております。それとこのAさんロクロも勿論、釉薬がけがいいのです。
あら、これステキ。誰?と思うとAさんだったことが多々多々。
DSC_9913.JPG

工芸品と芸術品の違いって長年と問われてきていますが、最近、芸術品というのは作者そのものも含めたものではないかと思うのです。作者のお人柄は、おられるだけで空気が和む方。器を見ていてもふわ〜っとほんわかHさんを思ってしまい、なんかそれって芸術じゃない?と思うのですが...あくまでも私見です
DSC_9917.JPG

あばれんぼうKさん!これmoステキ!モダンですねー。
DSC_9923.JPG


ワッフルコーン型花器。これはいろいろ遊べそうですね!白い紫陽花など
お花をアイスクリームに見たてて
DSC_9927.JPG

染付けの魔術師Tさん作。縁からのにじみも効いてます。
DSC_9924.JPG


沖縄の陶芸に大きく影響を受けているOさんのお皿。御本手化粧がきれいに出ました!
Oさんはとても判りやすい方で気に入った仕上がりだとすぐに持ち帰り、そうでないとそのままこのお皿は即、お持ち帰りでしょう
DSC_9933.JPG

誰もが見てすぐわかるIさんのフォルム。うっすらと呉須の線がステキです!
DSC_9904.JPG

カラーリング最高!いろいろ楽しめる枝豆皿はHさんから作り方を教わり、カラーリングはFさんオリジナルです。これ、売れますよ!
DSC_9906.JPG


本当に窯は何度やっても驚きと新鮮!

マイ陶房クラブ
神奈川県相模原市南区鵜野森1-23-7
TEL 042-705-0411
http://www.culture.gr.jp/tougei/index.htm
posted by マイ陶房クラブ at 15:52| 還元焼成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

12月還元!

今年最後の本焼。還元焼成です!

O先生が窯詰めをするとゼーゲルもお茶目です
20171217_172306.jpg


今回も様々個性いっぱいの作品が上がりました!

キャンドル立てです。クリスマス近しですね。聖歌隊の歌声が聞こえてきそうです。
DSC_9866.JPG

一目見て思わず「いい味ですね〜」と言ってしまいました。筆の濃淡や太さなど絶妙です。
DSC_9870.JPG

ランダムでソフトにカットされた地に黒マットの鈍い光沢がレザーのような質感で不思議!
写真では上手くお伝えできなくて残念です。
DSC_9874.JPG

黒ドベと白化粧の富士山。仕上がりを予想していらっしゃるのでしょうか?
水墨画のようにも見える風合いです。
DSC_9875.JPG

キューブを斜めに重ねた花器。じーっと見ていると絵画のように見えてきて
三次元と二次元の間に吸い込まれてしまいそうになるのは私だけでしょうか?
DSC_9872.JPG

白い!一点の濁りもない白です。
DSC_9869.JPG

南米を思わせるような図案。よく見るとお魚の骨が四つなんですね。
個人的に好きな図案です!
DSC_9876.JPG

還元と酸化が同居した状態との事。
侘び寂びもよいのですが釉薬と炎のケミストリーで何が起こるか判らない、
人知の及ばないものに強く惹かれます。
DSC_9868.JPG

はい!今年最後の窯も傑作ぞろいでした。
来年は作陶展もあります。益々の会員さんの傑作をお楽しみに!

マイ陶房クラブ
神奈川県相模原市南区鵜野森1-23-7
TEL 042-705-0411
http://www.culture.gr.jp/tougei/index.htm

posted by マイ陶房クラブ at 14:33| 還元焼成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする